自家用車

よく見る車

最近流行の痛車の歴史について

乗り物

最近になってその存在がピックアップされたかんじが否めませんが、その歴史は意外と古く、すでに1960年代には痛車に類するものが存在しました。それから30年間かけて徐々にその認知度を高め、1990年代になるとその存在が多くの人に認識されるようになりました。車の塗装は従来、職人芸を必要とするものでした。それゆえにあまり多くの人が車の塗装に着手するということはありませんでした。しかし、近年になり大型プリンターなどが普及したことによって、車の塗装をおこなうことが比較的容易になり、痛車が巷で見られることが増えたのです。

果たしてその存在意義とは

そんな痛車ですが、その独特の存在感ゆえに、その存在意義について疑問視する声があることも否めません。痛車は派手で痛々しくて見てる側からすると不快感を得る可能性もあります。実際町中で痛車を見かけた方は、一度しっかりと凝視するものの、その後は思わず目を背けてしまうこともあるのではないでしょうか。果たしてそんな痛車の存在意義とはどこにあるのでしょうか。言うまでもなくこの文化はオタク文化の発祥とともに広がりました。オタク文化には否定的なイメージがつきまとう場合が多々あります。それはオタク文化の内向的な側面がクローズアップされた結果といえるでしょう。実際にはオタク文化には影の部分もあるば光の部分もあるのです。光の部分とは成熟した文化としての側面です。これだけ豊かな表現をおこなえる文化があることは素晴らしいことでしょう。痛車もそれと同じく、より成熟した文化の一つの形として見ることが重要になってくるでしょう。